あるベーシストのチャリ記録

大阪在住のとある会社員兼週末ベーシストのチャリンコ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安自転車とメンテナンス

自転車を趣味としている者の常として、我が家には世間の常識より多くの自転車がある。
それらは、いわゆる「スポーツ自転車」というものなのだが、中に1台だけ20インチの折りたたみ自転車がある。
折りたたみ自転車では有名な「DAHON」のOEMモデルで、サイクルベースあさひブランドで売っているもの。
http://www.cb-asahi.co.jp/image/06bike/cba/evasion07.html

29,800円という価格は、いわゆるママチャリがスーパーやホームセンターで1万円以下で売っている今、高価なものと思われるかもしれないが、ウン十万円があたりまえのスポーツ自転車の世界では「安物」なのである。
ということで、使われているパーツのグレード、精度はそんなによろしくない。
クルマに積んで、駐車場~ライブハウスの移動用に使うだけだったので、特に手入れもせずいたのだが…

ふとした思いつきでタイヤを交換することにした。
替えたタイヤはPanaracerのミニッツ・タフ。
約3,000円/本ナリ。
29,800円の自転車に付けるタイヤとしてはかなり高価
通販で届いた、タイヤを交換。
ついでに、各部のグリスアップ等々一通りのメンテナンスも実施。
すると、乗り味が激変!
タイヤによるところが一番大きいのだろうけど、驚くほど軽く走るようになった。
ちょろっとした近距離限定用だと思っていたんだけど、これなら輪行でどっかに持っていって、あちこち走るという楽しみ方に十分使えそう。
タイヤ&チューブで本体の約3分の1の価格というのは正直高いけど、久しぶりに良い買い物をしたと思う

ちなみに、ハブ、BBのグリスアップ&調整では、どんなに調整しても綺麗に抵抗なく回ってはくれなかった
BBは元々の調整状態がえらく固かったので、かなりマシにはなったが…
ま、この辺が安物の限界なんだろう。
だからといってこれらのパーツを交換していったりなんかすると、どんどん深みにはまっていきそうなので、やめておくことにしよう
スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

厄除け

ここ1、2年、骨折、怪我、車を当てたりとか、どうもよろしくないことが起こっていた。
なんか悪いものが憑いているんじゃ・・・などと思っていた。
また、会社での席が、厄年の課長と女子社員に挟まれている、というのが良くないんじゃないか、と思い、厄除けで有名な門戸厄神におまいりに行ってきた。

朝から西宮でリハーサルだったので、終了後、車載してきた折り畳み自転車で厄神さんへ。
参道がよくわからず、ちょっと迷ったが、無事お参りしてきた。



お参りの後、周辺をポタリング。
このあたりは坂が多くて、なかなかハードだけど、なんとなく走ってて気持ちのいい町。
今度はMR-4を持ってきて走ってみようかな。

厄神さんの境内の紅葉




鴨川

偶数月ごとにやっているライブのため、京都に行った。
車で行ったのだけど、お盆の渋滞を予想し、普段よりも1時間早く出発した。
ところが、京都方面行きは渋滞は全くなし。
普段の週末よりも空いているぐらいだった。
(名神の反対車線はダダ混みだったが)
そのため、きっちり1時間早く到着してしまった(^^ゞ

仕方が無いので、腹ごしらえも兼ねて、積んでいた折りたたみ自転車で京都市内をぶらぶら。
京都は、歩道にちゃんと自転車レーンがあったりするのは素晴らしいと思うのだが、その自転車レーンにバス停のベンチがあったり、商店の客の駐輪スペースになっていたり、と、ほとんどまともに役に立っておらず、お世辞にも走りやすいとは言いがたい。
それでも、そういうインフラ自体がほとんど存在しない大阪よりはマシというべきか…

結局、距離にして5kmほど、時間は食事も含めて30分程度ぶらぶらしただけだけど、なかなか面白かった。
知らない町を探索する時、自転車というものはものすごく便利ですね。
これで、道路とかのインフラが整ってくれたら…

鴨川にかかる橋の上で撮影。
20060812172736

もっと綺麗に撮れる携帯が欲しくなってきたなぁ…

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。