あるベーシストのチャリ記録

大阪在住のとある会社員兼週末ベーシストのチャリンコ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有名な峠に挑戦!

GIOS AEROLITE
Time 2:23:23
Dst 48.90km
Avg 20.4km/h
Max 50.0km/h
AvgHR 145
MaxHR 181


有名な「鍋谷峠」に初挑戦!
この峠、自転車関係でも有名だが、国道480号線の一部であり、「酷道」としても有名。
仮にも国道でありながら、そうとは思えないぐらい道路整備が悪い。
普通車でも離合ができないほどの道幅の部分もある。
車では何度か通ったことはあるけど、今日は自転車で挑戦。

松尾山農道を通って一路鍋谷へ。
父鬼の集落を抜けると、いよいよ酷道区間に入る。
車で通ったときの走りにくさから、もっと急勾配の連続かと思っていたが、意外に勾配自体はそんなに急ではない(あくまで予想よりは、という意味。それでも34T-25Tで時速10km以下でしか登れなかったのだが(^^ゞ)。
道幅の狭さとカーブの急さから、車のときは登りももっときついと思い込んでいたのだろう。

途中、ピナレロの乗った方を追い抜いた。
といっても、こっちは時速9km、向こうは8kmというぐらいの追い越しw
たいして変わらんw
それでも他人を追い越せたというのは気分がいいもんで、ご機嫌で登っていると、別のローディが、えらい速度で抜いていった。
しかも、ダンシングしながらこっちを向いて笑顔で挨拶してw
自分は時速10km以下だったが、向こうは20km以上出てそうだった。
すごい!(自分がヘタレなだけか(^^ゞ)

なんとか峠のてっぺんに到着。
写真撮影していると、さきほどのピナレロの方が追いついてきた。
ちょっとお話したのだが、お互いさっきの速い人に感心するばかり。
ピナレロさんは、その先の展望台まで行くとのことだったので、そこでお別れ。

鍋谷峠。
20061021102206.jpg


20061021102201.jpg

考えてみると、自転車で府県境を越えたのは初めてだ。
(ここで引き返したから、正確には越えていないがw)
このまま和歌山側へ下って、風吹峠あたりを通って帰ってくる、なんてこといつかはできるようになるのかな…

峠からの下りは快適!…といいたいところだが、道が狭く路面も荒れており、しかも結構車が通るという状況、ブレーキかけっぱなしで慎重に下る。
それでも、ちょっと油断すると時速50km近く出てビビるw
あんだけ時間かかって登ったのに、帰りははやかった。

自宅から2時間ぐらいの走行でこんなところへ行って帰ってこれる環境は喜ぶべきなんでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teionbakachari.blog56.fc2.com/tb.php/89-eade69b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

風吹峠風吹峠(かざふきとうげ・かぜふきとうげ)とは、和歌山県岩出市にある峠である。標高200m。紀伊国と和泉国を結ぶ根来街道の途中にある。現在は大阪府道・和歌山県道63号泉佐野岩出線が通っており、交通の要所となっている。近辺には根来寺などがある。.wikilis{font-

  • 2007/10/09(火) 15:10:01 |
  • 峠を疾走す!!!

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。